2005年07月12日

面白い授業内容のESL学校〜Jの女優?!体験記〜

午後の会話の授業が何故か映画を作るというもので、実際ロケ地に出向いて撮影してきました。
ちなみにワタクシ、唯一の女優ですキスマーク

    カメラ回せない
    編集できない
    メガホン振れない

よって必然的に女優というウワサ(笑)。

午後のクラスは10人中、日本人が私だけでかなりハードですが、楽しいですexclamation
映画と言っても、5分間の超短編ですが(笑)。
人間の感情についてで、今回のテーマが“恐怖”ということらしく、私が殺人鬼に追われるというお話あせあせ(飛び散る汗)

2チーム(5人ずつ)に分かれ作家、監督、カメラマン、編集者、アクター、メイクさん、小道具など役割分担を決め、今週1週間でプロット練るところから始まり、撮影、音響効果、編集、エンドロールまで手がけるらしく、なんと金曜には学校で上映会まであるそうです晴れ

来週は3人一組でCMを作るそうでするんるん
とってもユニークな授業で、最初はかなり戸惑ったけど(実際、プロットの段階で監督とライターが意見の食い違いで大喧嘩しちゃって、一人が教室を出て行くというハプニングあり)、
今日の撮影でみんなと仲良くなれましたexclamation×2

ナイス女優」って褒めてもらえたし(喜)♪
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 11:14| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート 女優体験!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。