2006年03月13日

「今日のできごと」byあたし 〜最終回(ワーホリ〆編)〜

思い返せば…。2週間のプログラムを終えて、最後の日だったかにおでんパーチー(?)した時。社長に「みんななんでカナダにきたの?」って聞かれました。実は私、深い理由はなく、高校からずっと「海外で生活してみたいなー」って思ってた夢がやっとかなった程度だったんです。

なので・・・

「えーっと海外で生活してみたかった。英語の勉強したかった」って答えたら「もう半分以上クリアしちゃってるじゃん」と言われ、軽くへこんだんです、軽くでしたが(笑)

そんな程度で始まった私のVancouverでのワーホリですが、考えていたよりも、楽しかった☆それはもちろん日本で仕事をしていたその現実から離れてなんていうか非現実的な生活が過ごせたからっていうのもあるんだと思う。

ワーホリ後、観光ビザに切り替えその期間も、もうそろそろ終わります。日本に帰りたくないような、でも帰りたいような。いわゆるMix Feelingって感じです。1年でわかったことは

  <<<自分が努力したぶん結果がついてくる>>>

ってこと。

カナダにくる前は

   学校にちょっと行って。
   バイトして。
   旅行して。

って、よくあるワーホリ生活を想像していたけど、ESL行って自分の英語力の乏しさを実感し、せっかくだしもうちょっと勉強してみようと決めた次の学校で、更に自分の英語力のなさを痛感した。だが反面、前よりも文章力(前よりも長い文章が書けるようになった)がついたと自分でも実感できたときは嬉しかった。

2校目のスピーキングの学校を卒業してさらに自分にはボキャブラリーが少ないと感じた私はTOEICコースをとることにし、そのコースが終わる頃には「今までせっかく頑張って学校に通ってきたんだし。何か形に残してみたい」と思い、日本に戻る前にTYCのディプロマを取りました。

ESL→スピーキングスクール→TOEIC→TYCと学校ホッピングをして、と書くと楽しそうですが、楽しいだけではなく、きついことも多々あり、それだけに終わったときの達成感と自己満足(これ大切!)は大きかった。

学校に4つ行ったわけですが、どの学校においても

    「結果は自分の努力次第」

って実感した。どんな態度で授業や宿題やるにしたって、とりあえず日数足りれば(足りなくても?)卒業できる。でも、同じスタートラインにいた人でもその頑張りで卒業のときに歴然と違いがでるって思った。

努力のたまものかは謎だけど、行った学校の先生とは卒業した後も仲良くしてて、一緒にお茶したりライブに行ったりしています。

バイトも日本いたころは、適当にやって(失礼!)って思ってたんだけど、適当にできないバイト先で、お客さんへのサーブの仕方などは思っていた以上にきびしく、「もう辞めよう」と何度か思ったか。先輩ウェイトレスこわかったー。それでも、せっかくいい環境なんだからとがんばってみたら、辞める頃にはそのウェイトレスさんとも仲良しになってた。

「はじめの頃きつくあたってたけど、怒られてもめげない姿は美しかったし。仕事をきっちり確実にこなす姿は素晴らしかった。」

って言ってくれた。自分にできることを一生懸命やって、それをちゃんと見ていてくれる人がいて。それってとても素敵なことと思いました。

WATTから旅立った一年後の私。目標ってなんだろうって考えていました。

「生涯をとおして英語やそのほかの語学を勉強していきたい」

日本に戻ってからのことってまったく予測不可能だけど、予測できちゃったら人生つまらない。日本に戻ってもVancouverでやってきたみたいに

「やりたいと思ったらとりあえずやれるように努力する私」

でいたいなーと思っています、ええ。今やりたいと思ってることあるけど、それについては調査中なので、まだ秘密。そして最後に。この1年で私は1人では生きていないんだって改めて感じました。私を支えてくれた家族はもちろん友達やWATT、すべてのことに感謝して、そして自分も誰かを支えられる存在であれたらいいなーと思います。

英語勉強する前に、日本語が怪しくなったことに気づいた私でした。
さて、帰国前に、メキシコ行ってきまーす☆
posted by  カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム ☆Headquarters☆ at 02:08| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あねご新報」最終回(ワーホリ〆編)

カナダに来て2回目の誕生日を迎えましたバースデー。日本からメッセージをくれた友達、カードやプレゼントをくれた友達、ありがとう。節目なので、この1年を振り返ってみたいと思います。

ほとんどゼロの状態で空港に降り立ってから、風のように1年が過ぎていきました(荷物は人一倍多かったけど)。

誰も知る人のいない土地に来て、心強かったのは最初に一緒にステイした5人の友。彼らはきちんとした常識を持ち、頭もよく、志があり、そして何よりも『変』でした。え?あ、個性的?
今では彼らは私にとって親戚のような存在です。きっと、節目には集まって2005年のカナダでの話をし続けることでしょう。

カナダに着いてからは生まれもっての『適当さ』で、まずは学校に行く事にし「その間にその後の事を決めよう」と思っていました。住むところを決め、引っ越しをしたその夜に大家さんにチャリティーコンサートに誘われました。節約したい私にとって$10は悩みどころでしたが「誘われたらとりあえず行け」というエージェントWATTからのアドバイスを思い出し、行く事にしました。

そしてそこで、日本人カメラマンと出会ったのです。カナダに来てまだ2週間の事でした。そして、その人は私と話した後、私が写真をすることを知り「来月グループ展やるんだけど参加したら?」私の写真も見ずにそう言ったその人に、私は文字通りぶったまげました。よく覚えていませんが、その後写真を見てもらうように時間を作ってもらい、結局カナダに来てから1ヶ月あまりで写真展に参加する事になったのです。

このことで、そのカメラマンに言われた「あまり深刻に考えなくてもいいじゃない、とりあえずやってみれば」という言葉が、この1年私の中に根付いていたと思います。

8月には小さな個展も開く事が出来ました。見ず知らずのカナディアンが何人か、私の写真を買ってくれたときの嬉しさ。写真には言葉がありませんが、私の言葉が詰まっていて、そしてそれは世界共通語であると思いました。

学校での生活、ウェブデザイナーとライターの仕事も経験し、様々な出会いがありました。皆夢があり、とても素晴らしい人たちでした。学校で出来たメキシコ、ブラジル、韓国の友達。時々メールで彼らと近況報告をし合うのは、とても楽しいことです。ここで出来た日本人の友達も、刺激的な人が沢山でした。日本にいたら会えないような人が、まわりにたくさんいるのです。

日本に帰ってしまった友人、ここに残る事にした友人、すでに移民している友人。皆、それぞれの道で活躍しています。この先の不安が無いと言えば嘘になりますが、正確に言うと「不安」
ではありません。「私はこれからどうなるんだろう」ではなく、「私はこれからどうするんだろう」ということです。そういう意味では、私はもう既にどうするか、決めています。あとは時期と方法、それと、事がスムーズにすすむかどうか(ここが不安要素)。

それでも、やはり「流れに身を任せ」て進んで来たこの1年、この先も、私はきっとあまり深刻に考えず、とりあえずやってみるのだと思います。

ありがとう!Love
posted by  カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム ☆Headquarters☆ at 02:05| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

「あねご新報」 〜バンクーバーで占ってもらいました〜

以前行った占いのお話を友達にしたら、ぜひ行ってみたいというので行って来ました。私は去年見てもらったのですが、イベントチャイニーズニューイヤーだし何か変化しているかもしれないのでついでに目見てもらいました。

基本的なことは何も変わっていなかったのですが、なんと、ビザを延長してもっと居たほうがいいという結果が右斜め上

えー!

「私、お金ありませんふらふら

と言ったら、何とかなるとのことぴかぴか(新しい)

今年は仕事の基盤を作るのにとても良い年で、それは私にとってはここで、であるということ。それが終わったら帰るそうです。カメラ写真を仕事に出来ると言われ、「すごく楽しいことよ!」と言ってもらえたので嬉しかった。ライター、デザイナー、フォトグラファーをやっていますがやっぱり写真が一番性格に合ってるから。大体、写真の「撮れば殆どの事はおしまい」っていうスッキリさも好き。失敗は出来ませんが・・・

帰ることに向けて計画を考えていたので、ちょっと混乱していますが「一ヶ月後は予測がつかない」と言われる私のことです、何かあるかもしれません。やっぱり延ばすのかな?分からないなあ〜。

カナダに来る前に見てもらった人には、「行ったり来たりするようになるよ」と言われました。それが一番理想的ですね。

占いって100%信じるかと言われるとそうでもないのですが、私の場合は大抵同じようなことを言われるので、当たってるのかなと思います。そして、当たっていて欲しいことばかりですハートたち(複数ハート)

つまり占いって、自分で当てるってことなのかも。前に見てもらったホロスコープが驚くほど当たっていたのですが、その人にやってもらったカラーリーディングも面白かった。カラーボトルによると、私は周りの人に溢れるように愛情を注いで、友達と皆で何か、たとえば仕事などをするようになると言われました。

なんか、ワクワクするね。
posted by  カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム ☆Headquarters☆ at 11:48| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

「あねご新報」byあねご 〜カニだ!カニだ!〜

最近フルタイムの仕事で余裕が無くて、休日に予定が集中、しかも掛け持ちの仕事が入っていたりしてこの3週間は嵐のように過ぎて行きました。
今日は久々の予定が無い週末、といっても何人かの友人とは約束があるのですが、
土曜は休むぞー!
と決意したので今日は心ゆくまで寝ました(お昼過ぎまで)眠い(睡眠)

起きてパニーニメーカーを引っ張り出し、贅沢な気分でパニーニを作っていたら大家さんから電話が

電話したんだけど、出なかったから私T&Tに行ってからカフェに来てるのよー、残念でした

う〜ん行きたかった、電話に気付かなかったとは不覚ですもうやだ〜(悲しい顔)
明日は大家さんと大家さんのお友達と、私の友人と皆で感謝祭ディナーレストラン
ブイヤベースだそうで、楽しみexclamation×2
大家さんはカニをGETした模様です。

カニだ!カニだ!わーお
と思う自分に、カナダに来てつくづく貧乏性になったな〜と実感ふらふら
日本にいた時は実家が海沿いだったのでカニなんて別に・・・という感じだったんだけど、食べるの面倒だしダッシュ(走り出すさま)

ちょっと思いましたが、ここは思ったより魚が美味しくない割に海老や蟹は外食で美味しく食べられる機会が多いような気がしまするんるん

今日は引きこもりかな〜??気が向いたらお散歩にでも行ってきます晴れ
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 04:23| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

「あねご新報」〜英語環境での生活〜

予想もしていなかったことがカナダでどんどん起きて、出会いに感謝の日々です。

さてさてそんな私ですが、もちろん凹む事もあるわけで、詳しくは書きませんが、大した事でもないのでもう大丈夫パンチ
やはり凹んだときは友達とご飯を食べるに限りますレストラン

さてさて、最近の私は英語環境での生活&お出かけラッシュモータースポーツ

まず、大家さんの息子さん夫婦が来ました。
NYに住んでいて奥さんはイタリアン目
彼らの共用語は、英語。なのでもちろん英語トークexclamation

そして日本で友人になったカナディアンがバンクーバーに帰国わーい(嬉しい顔)
久しぶりに会いましたが、彼の友人6人が来て、ネイティブカナディアン7人と私、というキビシい状況あせあせ(飛び散る汗)
さすがにペラペラ会話に潜り込めずひたすら蟹をしゃぶりました(高かったけどうまかった)。

会話は7割ほどは理解出来たので、笑いポイントは押さえてJoin、皆すごく素敵な人たちで感激exclamation×2
中でも私の隣に座った女性が特に好きでした。
彼女は何度も「Too much fun」と真面目な顔で言っていて面白かった揺れるハート

昨日は、友達と、知人の奥さん(カナディアン)と「バッファロークラブ」というナイトクラブへ。そこでも英語トークですキスマーク
生演奏でバンドが来ていて、すごく良かったし楽しかったexclamation×2
ブラジリアンパーティー以来、酔いながら踊りました(恥ずかしい)。

そして今日は学校のカウンセラーさんの子供の写真を撮る約束だったので、QEパークとUBCへ。
旦那がカナディアンなので英語、日本語のミックストーク→UBCで、カウンセラーさんの旧友宅にお邪魔し、もちろんカナディアンなので英語トーク。
すごく良いところで、庭でゆったりした時間を過ごしリフレッシュ手(チョキ)
気持ちよかったるんるん

これだけ英語環境が続くと改めて思う事は、4ヶ月の学校を終えてはや3ヶ月、落ちてはいないけど大してうまくなってもいないなという事ダッシュ(走り出すさま)
ボキャブラリーがミゼラブルな状態ですもうやだ〜(悲しい顔)
確実にヒアリングは上達しているものの、言いたい事がしどろもどろなんだよね〜。。。
相づちもワンパターンだしバッド(下向き矢印)
もう少しネイティブルームメイトの言い回しを研究せねばと思いました耳

とにかく私は、カナダで与えられたチャンスをがっしり掴んで、日々感謝を忘れず謙虚にやって行こうと思いますぴかぴか(新しい)
無理せず、思うままに流れて流れてどっかにたどり着けばいいかな。
・・・永遠に漂流してたりして・・・ヒィィィィ(楳図かずおの作風顔で。年がばれる?)

残り5ヶ月exclamation×2早いものだよねえ。
帰る事考えたらたそがれちゃう。
こちらで出来た友人が、就労ビザを申請しているそうで、私もこれからの事を真面目に考えなくちゃと思いました、残るなら残る、伸ばすなら伸ばす、帰るなら帰る。
けどお金次第だからなあ。。。

それでは今回はこの辺で。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 01:08| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

「あねご新報」

今日、私は突然事務所にに行きました。後で書くけど急に暇になったので・・

そこで、M&Hに遭遇!彼らはサッカーに行くからと、ご飯とサッカーに誘ってくれたんだけど、アネゴさん<テンション低め>でした。
何故かと言うと・・

1.今日、私は学校に行きました。友達が卒業だったから。けど・・金曜が半日授業だというのをきれいに忘れ去っていた私。行った時間は勿論誰もおらず、私って、私って〜!!!(これ以上ないくらい私っぽい出来事でがっかり)

2.昨日、日本から持って来た携帯がぶっ壊れたがく〜(落胆した顔)たぶん4日くらい充電しっぱなしだったのが原因と思われます。
あたいの携帯はウブなので、オーバードーズでさっくりお逝きになりましたもうやだ〜(悲しい顔)
緊急連絡用なのに、「携帯」なのに持ち歩かなかった罰を神様が下さったのでしょう。へっ!

3.気圧が低かった。そらテンションも下がりますわバッド(下向き矢印)

そんなわけで生返事していたら大家さんから電話があり、アッサリ帰る事にしてしまいました。ごめんね〜。M&H、今思えば反省。

そんな今日この頃ですが、ボスざるも行っちゃったし少し寂しい(そして静かな)我が家です。

ボスざるが短期滞在している間にすっかり一緒にご飯を食べる習慣がついた大家さんは、あれからほぼ毎日「一緒に食べますか」と誘ってくれ、相変わらず食べ物をシェアしてるよ。
今日はニョッキをもらったので、混ぜご飯をお返ししましたるんるん

大家さんが言ってたけど、前に入ってた男の子は、Take Takeばかりで大家さんやその時のルームメイトの夫婦が食べ物などをたくさんあげたのに、決してお返しすることがなかったそうです。彼の両親が来た時、両親もそういう人で、自分たちが買って来たものは部屋で自分たちだけで食べ、出されたものはすべて食べ尽くす。

レストランに誘った時、大家さんは奢るつもりだったけど大家さんの息子さんがこっそり
「ママ、こんな人たちに奢る事ないよ」というので、
「割り勘にしましょう」と言ったとたん怒り出したとか

まったく恥ずかしいよね。
信じられない!恥を知れって感じ。
これに限らず常識のないコモンセンスのない人って少なくないのかもなって改めて思ったよ。
特に感謝のない人。損するのは自分なのにね。

これだけいればそんな人がいるのも当たり前かな?

人をバカにできるほど私もお利口じゃないけど、この人とは友達になんなくていいな〜って思う人もいるよね。
もちろん素敵な人ともたくさん会ったのでそれは嬉しい事。
同じ時間を過ごすならば、素敵な人と関わっていたい!


さてさて私は今、バイト探しを本格的に開始しようと画策中なのだけど、8月に写真展が決まり今はその準備でそれどころではないし、それに合わせて7月末に妹が来る予定だし、もしかしたら親も来るかもしれないのでその間、仕事ができないし・・・難しいたらーっ(汗)

それとも新しい仕事をせずもっとハゲしく今の仕事を突っ込むのがいいのか(シヌゥ・・・)

悶々としておりますが、まあなるようになるね・・・でたダッシュ(走り出すさま)
またかよ。←皆さんの心の声を書いてみました。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

「あねご新報」

イースター、みんな旅行で、やっぱいいな〜あふらふら

私はと言えば何だかんだで毎日深夜まで出歩く4日間でした。仲良くしていたメキシカンの子が二人とも木曜日に卒業してしまい、その日はもう一人仲良くしている日本人の子の家で4人、夜までお喋り。

金曜はその子も含めたくさんの子が来るメキシカンホームパーティーへ。
メキシカンバーベキュー、おいしかったよ〜!!
すごいでかさの、そして量の肉、肉、肉・・この日はベジタリアンを休業いたしました私。
それをおいしいタレに漬け込んで焼いて、トルティーヤに辛いアボカドのソースとかビーンズのソースとかと一緒に挟んで食べるんだけどさ〜、うまかったパンチ

そしてコロナビール飲んでダンスしてお喋りしてちょびっと別れを惜しんで泣いて、写真とって、飲み過ぎてソファーで寝て、long time partyをインジョーイ(あたし風)してきました!

最後の方はもうクレイジーで踊るわ大声で歌うわでもうめちゃくちゃ。
近所迷惑だったのでは…。いやー楽しかった。私はメキシカン(同じ学校だけど違うクラス)にキスキスマークを迫られましたが
「のー!」
と断りました。

なんで?って聞くから
You are not my boyfriend !
と言ったら
Do you wanna be my girl friend?
と聞いて来たので
のー!
と即答しました。いやー楽しかった。

あたいノーと言える日本人になったよ。

土曜は例のメキシカンジャパン組4人でバナナリーフというベトナムレストランへ行って、(すごい美味しかった)その後Mの家に行って、けど一人が次の日メキシコに帰っちゃうので皆帰り難くて、けど帰ろうとするその子を
「No! Don't go! more 15 minutes! 」
と9時からずっと12時過ぎまで引き止め引き止めでお喋り。

深夜へろへろで家へ帰宅。けど、お互いつたない英語ながら、その友達が結構喋れるのもあり深い話が出来て、ほんとにFriendshipって呼べるんじゃないかなっていう付き合いが出来て嬉しかった。

日曜は他の日本人の卒業の子達とデービーのゲイが来るコーヒーショップでだべり。
ゲイのたまり場でした。店員さんもゲイでした。
キュートでした。テーブルの上で手を握り合ってるカップルがいて胸きゅん揺れるハート

夜は大家さんがお友達を呼んで食事会で、わたしもご馳走に。
豪華ディナーだったよ。うひひ〜。
サーモンとスピナッチのフィロのパイと、サラダとアスパラとズッキーニとパプリカのソテー、ゴルゴンゾーラのパスタ。&デザート。いえーいいえーい。

そして今日、月曜は残ったメキシカン2人と、スマイルとデート(?!)で行ったベジタリアンレストラン、NAAMへブランチした後キツラノビーチでぼ〜っとして、友達の家に行って皆で昼寝したりダベッたりして帰って来ました。

なんか4日間、寝るか喋るか食べるかしかしていない私・・ものすごく皆さんとの知能レベルの差を感じます。アホやんね〜、もっとアホっぽい落ちを言わせて頂くと、私4日間待ち合わせが全て11時か12時、ロンドンドラッグス前だったんで、かなり恥ずかしい人。

つーかこのイースターで太りましたがく〜(落胆した顔)
それが唯一の反省点です。
ヨガよりオペで手っ取り早く脂肪を取り除きたい今日この頃です。

どこにも遠出できなかったけど、イースターを十分思い出ぶかいものに出来たかなって感じなので、良かったよ。ロンドラ前待ち合わせならまかしとけ!
マジ得意だから。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 02:34| バンクーバー ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーホリ☆組 あねご新報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。