2005年10月23日

Crazy English “PineappleのはずがPinenuts!?/年齢は聞いていないのに。。。”by Mitsu

僕は2週間ほど西海岸へ旅行に行ってきました!
ボス猿とHと一緒に。

貧乏旅行の僕等は食事もしょっちゅうシェアして食べていました。
ラスベガスにいたこの日も皆で大きなピザを一枚食べようということになり、メニューを見て何を食べるか思案していました。

ここで一つ問題があるのです。
僕は好き嫌いがかなり激しいのです。
だからピザもわざわざ僕好みの『Pine』を食べる事に。
僕の頭の中はもう『パイナップル』で一杯exclamation×2
ベガスだし、トロピカル系のピザで、大きな『パインの果実』がのっているものとばかり思い
込んでいました。

すると出てきたのは、僕の嫌いな

お豆さん

が乗ったピッツァ♪ あれ??『パイン』はexclamation&question

そう、『Pine』は『Pine nuts』、『松の実』でしたexclamation×2
他の二人はこのサプライズに美味い美味いと喜んで食べていました。
そこに水を差すまいと、苦虫を噛み潰したような顔で『Pine』を懸命に噛み潰す僕が居たのは言うまでもありません。。。

そういえば、僕の友達のメキシカンからこの前爆笑しながら電話電話がかかってきました。

どうやら彼女の部屋に新しいルームメイトが来たみたい目
そして彼女はその新しいルームメイトに、

How are you?

とお決まりに声をかけたんだそうです。
するとルームメイトはなんと、

I'm 23years old!

と元気よく答えたそうですがく〜(落胆した顔)
その後は怖くて口をきけなかったという彼女・・・。
What should I do?
そう聞かれても僕には解決策は思い浮かびませんでしたたらーっ(汗)
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 04:01| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

Crazy English "これは捨てます!?Become garbage!" By Mitsu

僕が学校に通っていた時の最後のクラス。
これがとっても楽しいクラスでした!
皆仲良かったし、楽しい人ばかり。
その中でも日本語&英語両方、面白い発言する日本人のお友達が一人るんるん

ある日、皆でご飯を食べていた時のこと。
ホームステイマザーが用意してくれた昼食の中に、いつも通り彼女の嫌いなゼリーが入って
いました。
で彼女は、

『これ嫌いだから食べれない!誰かいる??』と。

でも皆それが不味い事はもう体験済み。
誰も欲しがらない。
皆で『それどうするの??』と聞いたら彼女は、

"Become garbage!"

・・・。全員しばしの沈黙。。。そして爆笑。
あってるようなあっていないような??
なんとも不思議英語かわいい
そしてCute揺れるハート

Teacherに聞いたら、

"It's such a cute word!! I love it!!"

と爆笑していました。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 00:08| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

Crazy English "恐るべしオバサンパワー/はい、僕は日本人ですが?!" By Mitsu

<family編>

約1ヶ月ほど前に、うちの家族がVancouverに来ていました。
色々なレストランに行ったんです。で、レストランインド料理の店に行った時
のこと。

店員さんは少し忙しそうで声掛けるのも少しためらわれる状況。
少し迷った末に俺は

"Excuse me."

すると店員さんはちょっと待ってて、と言ってまた数分経ちました。
するとウチの母は忘れてるのかしらねぇ?と言っておもむろに

「すいませ〜ん」

思いっきり日本語で大きな声で・・・。

なんと店員さんやってきましたたらーっ(汗)おそるべしオバサンパワーパンチ


美容院美容院編>

僕はこの前パーマをかけに美容院に行った時、僕は自分の頭を見て目
大層落ち込みました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でもその時美容師さんは、「まるでネイティブスピーカーみたいな
頭ですよ!!」
と言いました。もちろん気休めなのを知っている僕
は、それからも大層落ち込んでいましたバッド(下向き矢印)

すると僕の彼女はひらめき

「M!言われて見ればネイティブジャパニーズに見えて来たよ!!

だって・・・。

言われなくても知っていますから!!

posted by  カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム ☆Headquarters☆ at 10:42| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

Crazy English “Japanese Bicycle Gang.”by Mitsu

授業で「Motor Cycle Gang」の話になりました。

日本で言う暴走族ですね〜
おぉ怖いがく〜(落胆した顔)

すると日本人の男の子が暴走族の説明を始めました。
彼は何を思ったかいきなり、

Japanese Bicycle Gang

と言いました。

先生も生徒も皆、頭の上に「???」

「日本にはチャリンコギャングがいるのか〜それは凄い!」

と言って驚いていましたたらーっ(汗)


posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 04:05| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

「Crazy English」by Mitsu

まずは、Listening編

この前壊れたヘッドホンの代わりを探しにSony Shopへ。するとありました!
僕が気に入ったデザイン+コストパフォーマンスに優れた逸品が
でも僕の予算より$7程高い・・・。

しかし日本でも(壊れなければ)使うし!
という事で購入。すると店員が何やら保障期間について説明を開始。
僕は自分でも分かるようになってきたなぁなんて思って聞いていました。

すると突然店員が、

"Would you &%$"*+&%$"*+&%$"*+???"

と質問して来ました。僕はとっさの事でおののいてしまい、つい、

"Yes!"

と答えてしまいました。
すると何故だか嬉しそうに何かを作り始めて、僕にSony Shopの会員証を渡してくれました。$10上乗せした請求と共にもうやだ〜(悲しい顔)
これでいつでも何か問題があった時はタダで直せるよ!だってダッシュ(走り出すさま)
たかだか安いヘッドホンの為に、保険を掛けるべく会員に入ってしまいました。

今から壊れるのが楽しみです手(チョキ)

そしてもう一つ、僕の彼女のCRAZY ENGLISH!!

この前いつものコリアンと遊んでいた時の事。
彼女は、僕等が引越す話を彼にしていました。
新しい部屋を説明するのに、「My room」この言葉を何度も使います。
すると彼女は、混乱してきてついに、

My 部屋

と言ってしまいました。
しかしこれだけではなくコリアンの彼は素晴らしい奇跡的な対応を見せてくれました。

My hair??

このボケ合いを聞いていた僕等は大爆笑!!
彼女も顔真っ赤で大爆笑・・・。
ただ一人コリアンの彼は「???」となっていました・・・。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 00:05| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

Crazy English“I wanna muscle guy” by Mitsu

最近これを書くようになってから、僕の元には数人のWATTメンバーから、これも参考になれば・・。と皆のCrazy Englishが届いてきます。なのでここで一つ紹介。

前にも登場した事のあるK子の話。

彼女のクラスにはドイツ人の彼氏を持つ日本人の女性がいるそうです。で、彼女はとてもSmartで、K子の目から見ると、とっても「Elegant」に見えたそうです。
そう思ったK子は彼女の事を、

「彼女って、本当にElephantだよねぇ・・・。」

こう言ったそうな。。。

あと自分自身。

最近友達とジムに通っています。目標はMuscularになる事!
前あねごとメキシカンの友人の家に行った時のこと。
僕はコリアンの友達に向かってこう言い放ちました。

I wanna muscle guy.」

するとすぐさまあねごが、

「Mitsuはマッスルの男が欲しいの?それは危険だね。」

よりにもよってあねごの前で・・・。


posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 12:37| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

Crazy English “It's on me.”by Mitsu

まず僕から。

シアトルに行った時に、写真を撮って欲しいとオバサンに頼みました。その時僕は、

"Can I take a picture?"

しばしの沈黙の後・・・。快く撮ってくれました。よく考えてみると、「(そのオバサンの)写真を撮っても良いですか?」と聞いてしまった事に気付きました。。。

しかしこれはまだ序の口・・・。

僕の彼女はまだこんなものじゃない。色々事情があり、メキシカンの友達の娘に頼まれて、その娘の友達に電話をしました。彼女はリカという娘と話したいからリカと代わってって言ってと言いました。すると僕の彼女は電話口で、

"Hello, please call me Rika."

会った事もない人に、「私をリカと呼んで下さい」と電話口で言い放ちました・・・。いやいやあなたはヒロコですから!

そして僕らがシアトルに行った時の事。シアトルの旅には28歳のコリアンの男も来ました。

彼は見た目にもすごい気を遣っているようで、一見ちょっとイケメン風。ホテルに泊まって早朝に目が覚めてしまったメンバーで会話をしていました。すると寝ている彼のお尻から

「ブ〜・・ブッッ」とデカイ音のオナラが・・・

全員「シーン」

俺 "Bless you!"

一同爆笑

俺 "Keiko, bless you!"

ケイコ怒る

でもみんな爆笑。

ここで彼が起きて「これは俺がしたんだよ」って顔真っ赤で話し出す。でも動揺してて英語が変に、しかも最悪の間違いを犯す。

彼 "It's on me."

え?このオナラ、君のオゴリですか!!??

最後に一つ。入国審査の時、僕の正式名称はMitsushigeですが、呼ばれた名前はMITSUBISHI(三菱)!それからコリアンが僕の事を三菱と呼びます。。。
posted by カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム  ☆Editorial Director☆ at 04:06| バンクーバー ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | カルチャーギャップクレイジー英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。