2011年05月31日

日本総領事館より〜薬物依存症〜

<こころの健康> 〜薬物依存症〜

薬物依存症は国際的に認められている精神障害のひとつです。大麻
(マリファナ,ガンジャ),ヘロイン,コカイン,覚醒剤,
MDMAなどの麻薬や向精神薬のみならず,市販の咳止め薬や医師の
処方による睡眠薬なども,使い方を誤ると,依存症に陥る可能性が
あります。

薬物依存症は,本人の社会生活や家族,対人関係のみならず,社会
全体に悪影響を及ぼします。借金,犯罪,家庭内不和などの問題が
深刻化して,周囲の身近な人間が「何とかしなくては」と考えても,
本人は薬物に依存していることを認めようとしない場合が多いのです。

残念ながら,依存症になってしまった脳は元の状態には戻らないと
考えられていますが,通常の社会生活を営める程度まで回復させる
ことができます。回復には時間がかかりますので,家族だけで問題
を解決しようとせず,専門医療機関を始め,様々な機関を上手に
利用することが重要です。

薬物依存症は家族全体の健康をも奪っていきます。仲間に出会い,
薬物依存症と闘うために,役立ちそうな場所は積極的に利用
しましょう。厚生労働省作成のパンフレット

http://www.ncnp.go.jp/nimh/yakubutsu/drug-top/data/family2.pdf

を是非参考にしてください。

また,こちらのウェブサイト

http://www.canadadrugrehab.ca/index.html

では,カナダで登録されている公立,および私立の相談所,医療機関を
含めた治療の場所や,仕事の内容が要領よく説明されていますので,
こちらも是非参考にしてください。

緊急の場合には,911に電話するか,本人を最寄りの病院の救急
窓口(エマージェンシー)へ連れて行くことが先決です。
posted by  カナダ留学 & ワーホリ アシストチーム ☆Headquarters☆ at 02:55| バンクーバー ☁| Comment(0) | News! ためになる情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。